フランチャイズ制度を活用して展開する業種

地域に展開するには費用がかかる

企業が全国展開等、地域に進出する方法として支店や営業所を自社負担で設置するという手段があります。その地域にひとつだけ設けるのであればまだ実用的な方法として考えられますが、例えば、地域地域に根付いた形で店舗展開をしている学習塾やコンビニが地域に出展する場合には、その地域に多くの数の店舗を設置しなければならず、それを全て自社負担でおこなうには費用が非常にかかるために、同時に各地に展開するということは難しくなります。

フランチャイズ制度を利用する展開

そのため、学習塾やコンビニ等が地域に進出して店舗展開をする場合には、フランチャイズ制度を活用することが多いです。出店に関する費用の一部を店主になる人に負担してもらうことで、企業の費用負担を減らすことができます。企業としてはフランチャイズとしてその企業のやり方で事業をおこなってもらうために研修をおこなったり、本部社員が巡回指導したりとバックアップをおこない、またある程度統一してできるような集客のためのチラシ等は本部で負担したりします。

フランチャイズ制度ではリスクを抑えることが重要

店主になる人も未経験者も多いですが、開店して間もない時期については本部から社員を送り込み、業務のフォローをおこないます。またフランチャイズとしてその企業の名のもとに事業をおこなうために、フランチャイズの店舗の対応や印象が全て本部のことになるために、この制度を活用して展開をする場合には研修に力を入れます。このようにリスクを低減しつつ、出費を抑えた形で全国展開を図ることができるフランチャイズ制度を活用している企業が多いです。

依頼者の代わりに請け負う代理店の仕事は、基本的には売るべき品をいかにして売るかの商品戦略などがあります。