太陽光発電システムを個宅につけるメリット

電気はしっかりと売れます

これからどうなるかは不明ですが、少なくとも後十年は、電気は個人で売れます。傾向として、自然エネルギーの中でも太陽光発電が個人としては発電システムでベストといえます。売電を目指すのであれば、太陽光発電にするのがお勧めできます。売れるわけですが、別に商売相手としてお願いしに行く必要性はないです。電力会社は買取ることになっていますから、特に小難しい交渉が殆ど必要ないのも実は大きな利点の一つになっています。

自宅の電気を賄えるわけです

自宅の電気使用分も賄うことが出来ます。優先度的にはこちらが先になります。つまりは、余った分を売るわけです。どの程度の発電量があるのか、と言うのは設置する場所次第になります。これは立地次第ですから、何とも言い難いです。但し、ある程度のシュミレーションはできますから、見込みをはっきりとさせてからどうするかを決めたほうが良いです。何かと良い情報が増えている太陽光発電システムですが、どこでも発電ができるわけではないです。

エコロジーなエネルギーです

個人的な利益ではないですが、太陽発電はエコロジーな発電システムになりますから、地球に良いです。化石燃料も原子力も使っていないわけですから、極めて大気によいです。当然ですが太陽光発電システムを作る過程で資源は使っているわけですが、その後はエネルギーをエコロジーな形で作れるわけですから、十分に地球に優しいと言えます。それも個人的にピンポイントとしてメリットがあるわけではないですが、大きく見れば利益になります。

太陽光発電の価格に関しては、設備の導入コストは生産技術の向上や発電効率の良い素材の開発により徐々に安価になる傾向にあります。