知っていると役立つ!トイレ詰まりの三つの原因

設置工事の際の不具合

トイレが詰まる原因は1つではありません。例えば、トイレを設置する際の不具合が原因であることも多いです。トイレの設置は特に難しい作業ではありません。そのため家を建てたり、新しいトイレを購入したりする際に、新人の施工者が担当するケースも少なくありません。つまり熟練した施工者が行うケースはそれほど多くないのです。そのため、場合によっては設置の際にミスをすることがあります。もし新しいトイレを設置した直後にトイレが詰まった場合は、設置時の不具合が原因であると考えても良いでしょう。

エコのための水の減量

最近増えているトイレ詰まりの原因としては、エコを意識しすぎていることがあります。近年エコが流行っているので、トイレで使用する水の量を減らす傾向があります。水を減らせば確かにエコになりますが、他の問題が生じてしまいます。トイレットペーパーを多く使いすぎると、トイレが詰まってしまう可能性が非常に高くなるのです。トイレットペーパーを流すための水の量が減るので当然であると言えますよね。そのため、水を減らしすぎないように注意しましょう。

地盤の変化による配管圧迫

地盤の変化によってもトイレの詰まりが誘発されるケースがあります。例えば、地盤が沈み、トイレの配管を圧迫したことにより、詰まりやすくなってしまうことも珍しくありません。そうなると、必然的に流れる水の量が減ってしまい、トイレットペーパーを流しきれなくなるのです。空き地だったところに新しく家などが建った場合、その下を通る形で設置されていたトイレの配管が圧迫されてしまうことがあります。その場合も、トイレが詰まってしまうことがあります。

水漏れの問題に悩んでいる場合には、早いうちに信頼性の高い業者にアドバイスを受けることがとても重要です。