家電自作のメリットやデメリット~パソコンについて~

自作パソコンのメリットとは

電気製品でも自作できる代表としてパソコンがありますよね。自作パソコンにはメーカーパソコンはないメリットがあります。自分好みのパソコンを作ることができます。CPUを強化したり、グラフィックを強くする事もできます。音源にこだわる事も出来ます。ゲームをするために強いマザーボードや、メモリを選ぶ事もできます。このように自作パソコンを作ると、メーカーのパソコンにはない独自色の強いパソコンを作る事ができます。

自作パソコンのデメリット

メーカーのパソコンであれば故障した場合にはメーカー保証が付いています。また、アフターケアがありメーカーのサポートセンターに電話をしたらサポートを受けることができます。しかし自作パソコンの場合だと、部品についてのアフターケアやサポートはありますが、パソコンとしてのアフターケアはありません。そのため一旦故障したらサポートが全く受けれない可能性が高いです。自作パソコンを作る場合であればその点に注意が必要になりますよ。

結局どちらがいいの?

では結局どちらがよいのかと言う話になりますが、パソコンの初心者であったり管理に自信がない人であれば、メーカーのパソコンが良いでしょう。逆にパソコンのハード面に自信があり、管理に自信がある人であれば自作パソコンが良いと言えます。また、自信はないけど自作パソコンをにチャレンジしたい人は、パソコン専門店によっては自作パソコンのキットを販売していたり、初心者教室を開いていたりもするので、利用するのも一つの方法ですよ。

プリント基板設計は、工業製品を製造する際に欠かせないものとなっており、技術者の存在が大いに重宝されています。