重要!インターネットの発展と共に重要視されるプライバシーについて

インターネットとプライバシーの関係

インターネットの普及と共にプライバシーに対する意識も変わって来ました。特に近年はSNSが広く浸透してきて、実生活とデジタルの世界が密接に繋がるようになりました。SNSは非常に便利で楽しめるサービスですが、プライバシーに配慮する心構えは、以前よりも強く持つ必要があります。思いもよらないところからプライバシーが洩れてしまう恐れがありますので、決して個人情報などを載せないことが大切です。現代ではプライバシーは自ら守る気持ちが必要となります。

安易に画像をインターネット上に公開しない

インターネット上では僅かな情報からプライバシーが洩れてしまう可能性があります。例えば、家族や友人などと撮影した写真をインターネット上に載せることによって、情報が洩れることもあります。画像に載っている背景から場所を特定されたり、制服から通っている学校を特定されるなどのケースもあります。インターネット上の情報が場合によっては実生活に影響を与えてしまう恐れもありますので、単にネットの世界だけのものと決め付けてしまわない方が良いです。

他人のプライバシーを侵害しない

自分のプライバシーを守ることは重要ですが、他人のプライバシーを侵さないことも大切です。自分にそのような意思が無くても、場合にっては他人のプライバシーを侵害してしまっていることがあります。例えば、友人などと一緒に旅行に行った時の画像をSNSにアップすることによって、その友人のプライバシーを侵害してしまっているケースがあります。友人にとっては旅行に行ったことを公にしたく無い理由が有ったとしたら、SNSに画像を載せることはプライバシーの侵害にあたります。

機密文書は第三者の目に触れないように保管の方法に気を配ることが大切です。文書を扱う人員は必要最低限に抑え、不要になった文書は速やかに破棄することが外部流出を防ぐための心得です。