電気製品の修理が自分でできるようになりたい

故障してはじめてわかるありがたさ

電気製品ってそうそう壊れるものではない、って考えは、日本人特有のものみたいですよ。外国では、少なくとも日本ほどには電気製品の故障頻度は低くないようです。外国みたいに電気製品はしょっちゅう故障するものって思って暮らしていればそうでもないんでしょうけど、ここ日本に住んで電気製品の確かさに慣れ切っていると、故障にはショックを受けますね。結構な非日常になり、不便で不便でってことになります。修理に出すと結構時間かかりますしね。

自分で直せたらどんなにいいか

と、思います。もちろん、感電の危険のあるものは触りませんよ。ブラウン管テレビとか、冷蔵庫とか洗濯機とか、アースが必要なものなんかには触れません。でも、特にパソコンとかオーディオ製品とか録画機器とか、そういう娯楽関係の電化製品はできるものなら自分で直したいって思いますね。インターネットで検索すると、そういうライトな電化製品をユーザーが自己修理した方法を画像付きで見られることもあります。なんて頭のいい人たちなんだ、とうらやましくなります。

パソコンの自作は無理でも

ライトな電化製品を自己修理できる、そういう人たちが自作パソコンとかやってるんだろうなあと思います。自作パソコンなら自分で修理もできるだろうし、うらやましい・・・でも文系の自分には到底無理です。ただ、コンセントの線が傷んで、そのため電化製品が使えなくなったときは、インターネットで自己修理の方法を探して、部品をホームセンターで購入し、自分でなおすことができました。感動しました。まさか自分にできるとは。その気になればもっと進んだこともできるかも、という気になりました。自作パソコンはまず無理でも。

プリント基板実装をしたい場合にはネットから簡単に注文出来るサービスを活用すると、低コストで仕上げられます。