独立開業を決めたなら早々に準備に取り掛からなければならないこと

独立開業の動機と目的について

「何故起業を興すのか」、その答えは人それぞれ違います。社内の複雑な人間関係が嫌になったという人もいるでしょう。会社の経営方針に賛同できない、また自分の評価が低すぎるというような理由や、リストラや倒産といった自分の意志ではない理由もあるでしょう。ポジティブに成功して名声や富、周囲から尊敬を獲得したいという人たちもおります。いずれの場合であっても、将来の夢や目的、開業によって何をやりたいのかを明確にしておくことが重要です。

事業継続の自信について

独立開業するということは、経営者になるということです。サラリーマン時代は他人任せで済んでいたことでも、独立すればすべてを自分で行わなければなりません。関係する法律、経理、税務、労務など幅広い知識が求められます。資金繰りなどの面では十分な金銭感覚も必要になるでしょう。当面は知識不足、経験不足であってもこれを支えてくれるブレーンがいるかどうかです。そうして、事業を継続することへの強い意志と、これらをこなしていくだけの体力が必要不可欠なのです。

スケジュール管理を行うことです

サラリーマンであれば、行動のチェックを上司が行ってくれます。ところが、独立開業すると誰も行動をチェックしてくれません。ついつい自分を甘やかすと、ルーズになってしまい事業は必ず失敗してしまいます。開業までの具体的な作業、資金計画などを練り、それを日程表にまとめ、その進行具合を厳しくチェックしなければなりません。頭でイメージとして理解していても、思わぬ事態により計画が遅れたりします。スケジュール表は監視役になるのです。

フランチャイズは、チェーン店やブランドを借りて独立するので、すでに知名度もあり、とても始めやすいです。