何から手をつければいいの?引越しのお片づけコツ

まずは、新居のイメージを練ろう

引越しにあたっての片づけの第一歩は、いるものといらないものを選別すること。そのためには、新居で何をどこに置くか、何を新しく購入するかという構想が必要です。特に、家電製品など大きい荷物は、引越しの見積もり額を左右するため、早めに見当をつけておきましょう。また、この機会に断捨離、すなわち必ずしも必要でないものを手放し、コンパクトな生活環境にすることもオススメです。いらないものの処分方法は、粗大ごみやリサイクルショップなどの手段があります。

旧居での荷造りは焦らず、着実に

いるものといらないものを選別したら、いよいよ荷造り開始です。ダンボールに詰めるものに関してのコツは、新居の部屋割りに沿って荷物を詰めていくこと。寝室用のダンボール、キッチン用のダンボールなどと分けると、荷解きが簡単です。ダンボールに入れる物は、下に重い物、上に軽い物という順番が基本。いくらダンボールにスペースがあるからと言って、詰め込みすぎるといざ持ち運ぶときに底が抜けてしまいますので、注意が必要です。また、普段使わない趣味の物や季節ものの衣類などから詰め、日々使っている物は引越しの直前に荷造りしましょう。

新居での片づけは、とにかく生活優先で

新居で山積みになったダンボールを目にすると、何から手をつけていいのやら、途方に暮れてしまいますよね。まずは、スペースを確保するため大きな荷物から片づけていきましょう。次に、よく使う物を荷解きしていきます。キッチン用品や衣類など、日常生活に欠かせないものを早めに取り出し、スムーズに新生活を始められるようにします。普段使わないものは後回しになりますが、モチベーションを高めるため、趣味の物などを開梱していき、新生活に華を添えていくのもいいでしょう。体力と気力が必要な引越しですが、コツを押さえて乗り切りましょうね。

不用品の回収には業者を利用する方法と自治体を利用する方法があります。手間がかからないが料金が高めな業者、利用券を購入したり場合によっては持ち込む手間はあるが安い自治体を上手く使い分けるといいでしょう。