原子力発電はいらない!?自然の力を活用した発電

自家発電した電力を蓄電して利用する

最近はスマートハウスといった自給自足の家の建築を促進する動きにあります。限りあるエネルギーを太陽光パネル等を利用して自家発電をおこない、それを蓄電することで必要な時に自宅で使用することで、他から購入する必要がなくなり、また余った電力を販売したりすることができます。現在の電力会社が発電して各家庭に配電する必要もなくなり、現在問題になっている原子力を利用した発電をする必要もなくなり現代の問題を解決することもできます。

まだ太陽光パネルの価格は高い

しかしまだ太陽光パネルも自体の値段も高くて一般市民に直ぐに普及するには難しい状況にあります。他の商品と同じで、商品開発にかかった費用も転嫁されていてるためにまだ金額も高くなりますが、以降商品開発が進み、開発経費もカバーできた頃には太陽光パネルの価格自体も下がることが期待されているのです。それがきっかけで各家庭に普通に普及することが期待されて、エネルギーの自給自足が実現できることが期待されているのです。

価格の低下と普及することで実現する自給自足生活

そのための住宅の標準が規定されて、多くの自治体でスマートハウスのような住宅の建築にはほ補助金を出して、建築を促進しているのです。そしてその建築が一般的になった時には、無理して危険をおかして発電をする必要なくなり、問題になっている原子力発電の必要性もなくなり、安心安全な地域生活が始まると言えます。そのための一歩として、自然の力を無理なく利用してエネルギーを発生させる太陽光パネルのような手段が開発されているのです。

フォーアールエナジーは、リチウムイオンバッテリーシステムの開発、車載用リチウムイオンバッテリーの二次利用に関する実証実験などを通じて、CO2排出の削減、低酸素社会へ向けて、優れた商品を提案しています。